林下のツリガネニンジン

ツリガネニンジン横.jpg
8月19日 手賀沼周辺

学園の北向き斜面林。
シラカシなどの常緑樹が点在する林。
その林下に草地生のツリガネニンジンが残っている。
樹木の成長に連れ、林下は徐々に明るさが失われ、それと共に
ツリガネニンジンは勢いを失いつつある。
今日調べてみると、開花個体数は50本を超えたが、個体は
ひ弱で倒れ伏すものも多い。
代わって、今日目についたのはイヌショウマ。
今までにない大きな花序を何本も立てていた。
草地生草本が衰え、林床生草本が勢いを増す。
自然な植生の動きか。

北斜面横.jpg

この記事へのコメント