水面を覆う花

オオバナミズキンバイなど北柏ふ公.jpg
8月2日 手賀沼周辺

写真は手賀沼に注ぐ大堀川の河口。
水面を覆っている花はナガエツルノゲイトウとオオバナミズキンバイ。
いずれも外来の水生植物で、問題視されている花。

近く、導入された大型の刈り取り機による除去が予定されているとの
ことだが、うまくゆくのだろうか。
最近手賀沼を覆っていたハスが自然消滅したことが話題になっている。
自由な水面とはいっても、特定の植物が大繁殖して占有することは
自然界では許されないようにも思える。

ナガエツルノゲイトウ(白色)とオオバナミズキンバイ(黄色)
オオバナミズキンバイ等北柏ふ公2.jpg