テーマ:

帰化植物

5月16日 手賀沼周辺   ブタナなど 手賀沼の池畔を自転車で走る。 公園の草地が遠目に鮮やか。 近付いてみるとブタナとアカツメクサの競演だった。 池畔の草地にはヤセウツボがにょきにょきと並び立っている。 アカツメクサの拡散に応じて分布を広げている。 晩春から初夏にかけての草原は帰化植物の世界。 ヤセウツボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワヂシャ

5月14日 手賀沼周辺 カワヂシャを求めて大津川の河畔を歩いた。 あれ程あったカワヂシャが消えていた。 釣り人が河畔の草刈りをしたことが直接の原因。 もう一つは、外来種オオカワヂシャの侵入。 カワヂシャに代わって繁殖している形跡が見受けられる。 今日のカワヂシャの写真は近くの水溜まりに生えていたもの。 ここにも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹の花の季節

5月12日 手賀沼周辺     エゴノキ 春の草花の季節が終わり夏の花の時期が来るまでの間は樹の花の季節だ。 誰独りいない静かな湿地に降りると、エゴノキが満開だった。 清楚な白い花をたわわにつけているが、訪れる人はいない。 手賀沼の池畔に入ると、アカメヤナギに絡みつくツルウメモドキを見つけた。 こちらもヨシ原の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水路のジョウロウスゲ

5月10日 手賀沼周辺 国交省が管理する手賀沼沿いの水路脇にジョウロウスゲがある。 ジョウロウスゲは千葉県のみならず環境省も指定する絶滅危惧種。 14年前、ジョウロウスゲの保全を国交省の管理支所に要請した。 爾来、水路脇の草刈りの時期について要望を聞き入れてくれている。 更に、保全の看板を立ててくれて、釣り人への注意も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里人とのふれあい

5月8日 手賀沼周辺 ノジトラノオ生育地を訪ねると、我々の要望を聞き入れて、持ち主が ササなどを刈り取ってくれた。 写真のように、ノジトラノオを綺麗に残して、刈ってくれていた。 早速、持ち主を訪ねて、お礼を述べる。 その帰り道、知り合いの農婦から声をかけられた。 植物の名前を教えて欲しいと言われ、案内された竹林に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワニグチソウ

5月7日 手賀沼周辺 学園の北向き斜面にワニグチソウが咲いた。 毎年のことだが、ワニグチソウには悩まされる。 春の新芽の時期には艶々としたワニグチソウの芽に強く期待してしまう。 花の時期になると、花の少なさに愕然としてしまう。 他の草が伸び伸びとしている中、期待したワニグチソウは成長した姿を 見せず、他の草の陰に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移植について

5月4日 手賀沼周辺 写真の杭で囲ったところがオオマルバノホロシの苗を移植した場所。 谷地の埋め立て工事でオオマルバノホロシが消滅してしまうため、 昨年その種を採取し、そこから育てた苗をここに移植した。 この場所は、オオマルバノホロシの元の場所と同じ谷津内の同一水系 の箇所。 移植が保全の名に値するかどうかは、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花旅は<もらいもの>

5月3日 手賀沼周辺   ノイバラ 林から出て持ち主の老婦人に挨拶すると、「豆を摘んでゆけ」と言う。 二人で豆畑に入り豆を摘みながら、会話。 八十歳を超えた二人の話は老いた身についての話。 私も先日持病が可成りの症状を引き起こし、ひやりとしたばかり。 二人の話の詰まるところは、「八十を超えた余生は<もらいもの>」。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マムシグサ咲く頃

5月2日 手賀沼周辺 春の時期の緑は、光り輝き、軽やかに舞っていた。 晩春の緑は、軽やかさが消え、ずっしりと重い色合いに変わる。 いぶし銀のような鈍い輝きは物憂げな感じでこちらを見つめている。 突然響き渡るのは切ないキジの鳴き声。 そして、この時期、林ではマムシグサが怪しげな花をつける。 あの春は、いつの間にか終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンランの林

4月30日 手賀沼周辺 キンラン等の保全に熱心なKさんが拓いた林。 独りで竹を伐り低木を掃い広い林間を作ったと言う。 Kさんの汗に呼応して、キンランたちは眠りから目覚めた。 今年も見られたこの素晴らしい景色を今後も維持してほしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりのビオトープ

4月28日 手賀沼周辺 久しぶりにビオトープに立ち寄った。 ビオトープに関わり始めたのは20年近く前の事。 その時と比べると色々と様子は変わっているが、大きな景色は変わっていない。 それは無農薬と冬期湛水の稲作が継続しているからだと思う。 ショウブの花穂を撮っていると蛙の大声が周りに響き渡る。 Oさんが寄って来て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風景の中の気懸り

4月27日 手賀沼周辺 手賀沼の新緑を撮った2枚の写真。 気がかりなのは特定外来植物ナガエツルノゲイトウが写っていること。 いずれ沼を覆いつくすかも、などと恐れられている水草だが、写真では 風景の中に溶け込んでいるようにも思える。 コロナと同じように、いずれは抗体が現れ共生できる時代が来るのでは あるまいか。 自然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

校庭の斜面林

4月26日 手賀沼周辺 谷津地形の中に作られた学校、谷地は埋め立てられて校庭になり、 谷津斜面林はそのまま校庭の斜面林になった。 この斜面林下の小さな草地と付き合い始めたのは15年前。 当初はツリガネニンジンやチダケサシなど陽生植物が目立った。 以来、毎冬 荒れていた草地のササや幼木の刈り取りを行ってきた。 その後は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンラン

4月24日 手賀沼周辺 里のキンランの減少傾向は止まらない。 今日訪ねた林でも往時の半分近くまで減っている。 10数年前に行った間伐によって日照環境が変わりキンランの群生が影響 を受けて消えていった。 間伐の影響が及ばなかった林下では程好い条件が備わっているのか、比較的 大きな株のキンランが見られる。 キンランは残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サワフタギ

4月23日 手賀沼周辺 春の草花が一段落した後には樹々の花が競い合う。 ガマズミ、カマツカなど、美しい花が多い。 今日出会ったサワフタギもその一つ。 美しく撮ろうと、あれこれ角度を変えて撮ってみたがなかなか難しい。 実物に優るものなし、か。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スゲの季節

4月22日 手賀沼周辺   オニナルコスゲ 朝と昼との寒暖差が大きい日々が続くが、春は確実に過ぎようとしている。 池畔のアカメヤナギの大木は膨らんだ緑の重さに耐えているようだ。 水はとっくに温んでいる。 夏草が覆うまでのひと時を待っていたスゲが咲いた。 まだ四月というのに、池畔に初夏を見た。 カサスゲ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フジ

4月21日 手賀沼周辺 手賀沼の畔の遊歩道を自転車で走る。 池畔に聳える樹木にフジが絡まって咲いている。 勇を鼓して、遊歩道を下り、ヨシ原を藪漕ぎする。 辿り着いて間近に見るフジは、林で見かけるフジと少し違った趣を持っていて、 清らかな美しさをたたえているように思えた。 暫し、フジと遊ぶ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残したい河岸風景

4月20日 手賀沼周辺    上流方面 橋上から見た大津川の風景。 ここは河畔の樹木がそのままに残されている。 この時期になるとこの風景が見たくなり、毎年訪ねている。 これからもずうっと残して欲しい里の風景。 下流方面
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オニグルミ

4月19日 手賀沼周辺    雄花序 手賀沼池畔のオニグルミが咲いた。 枝先に長いひも状に垂れ下がっているのが雄花序。 雌花序はその先の新枝先端に小さく赤い柱頭を並べ立てる。 雌花序が雄花序に少し遅れて咲くのは自家受粉を避けようとしているためか。 決して美しい花とは言えないが、池畔に向かって手を広げ立つ姿は、若々しい …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タニギキョウ

4月18日 手賀沼周辺 旧沼南町台地の北西端にある小さな2つの谷津がタニギキョウの生息地。 大小合わせて6カ所のエリアに咲いている。 いずれの場所も生息環境に様々な問題を抱えている。 なかでも大きな問題が土壌の乾燥化。 湿潤な環境を好むタニギキョウにとって開発が進む里の環境は厳しい。 せめて、これ以上の林縁樹木の伐採…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の秘境

4月16日 手賀沼周辺 谷津の埋め立て工事が現在進行中。 この谷津で埋め立てを免れているのは、この小さな一画だけとなってしまった。 ヨシが生える前のこの時期、谷地の中へと足を入れてみた。 写真のような素晴らしい光景が残されていた。 アカメヤナギの大木群と谷地の水流。 周りからはウグイスと蛙の声が響き渡る。 少し大げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神社林

4月15日 手賀沼周辺   ジュウニヒトエ 8年前、この神社林で大規模な間伐が行われた。 当時、私は、無謀とも思われる伐採が植生に与える影響を懸念した。 確かに、一部の植物が消えるなどの影響があった。 だが、その一方で、新たな植物の出現も多くあり、全体的には多様性は 高まったのではあるまいか、と思える。 この神社林の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友と里を巡る

4月12日 手賀沼周辺    イカリソウ ボランティア仲間のSさんを誘って里を巡る。 イカリソウ咲く北向き斜面林の瑞々しい新芽たち。 里山の佇まいが残る小さな谷津に点在するタニギキョウとニリンソウ。 少し足を伸ばせばかわいいチゴユリにも出会える。 友を案内しながらではあるが、あらためて、里の豊かさを思い知る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観察会

4月11日 手賀沼周辺 今年の花期の早さには悩まされることが多いが、花期が変わったためか、 今年はニリンソウとタニギキョウの花を同時期に見ることが出来る。 今日の観察会はそれを受けて、ニリンソウとタニギキョウが見られる2つの 小さな谷津をぐるりと一周することにした。 輝く新緑を仰ぎながらの里巡り。 ニリンソウ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジロボウエンゴサク

4月10日  手賀沼周辺 タニギキョウとニリンソウの自生地を周る。 湿潤な環境を好むこれらの自生地では、ヤマネコノメソウ、ウワバミソウと 並んで、ジロボウエンゴサクとムラサキケマンが共生している。 ヤマネコノメソウとウワバミソウは環境の変化に弱く衰退傾向が強いが、 ジロボウエンゴサクとムラサキケマンは我慢強く残っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クマガイソウ

4月9日 手賀沼周辺 今から12年前の話。 花撮影をしていると、老婦人から「自宅の庭に珍しい花がある」と誘われ、 庭に植えられたクマガイソウを見た。 「裏の林から移植した」と言うので裏の林に入るとクマガイソウがあった。 「近所の林にもある」と近くの農家に案内されたが、その林のものは全て 移植され、ここでも庭に咲いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

団地の芝生

4月8日 手賀沼周辺   スミレが群れ咲く芝生 Kさんに誘われ、仲間と3人で市内の大きな団地を訪ねる。 Kさんに案内された団地の芝生は驚きの連続だった。 凄い数のフデリンドウが何事もないような顔で咲いている。 次の芝生はスミレが赤く染め、更にアリアケスミレの群生が白く輝いていた。 別の芝生にはカントウタンポポが点々と見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒトリシズカ

4月7日 手賀沼周辺 昔、足田輝一氏の著書で、ヒトリシズカについて「武蔵野ではどういう訳か 余り見かけない」と記しているのを見て、驚いたことがある。 それ程、当地ではヒトリシズカは方々の林でたくさん見られた。 しかしながら、近年、その姿が徐々に失われようとしている。 都市近郊の孤立林の宿命なのかもしれない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニリンソウ

4月6日 手賀沼周辺   ニリンソウ-今日の寒さにしぼみがち 里の二箇所でニリンソウの開花個体数を調べる。 二箇所とも数は減っておらず元気な姿を見せている。 ニリンソウはタニギキョウと同じく湿潤な環境を好む植物である。 だが、タニギキョウほどには湿潤さに拘らず、環境の変化にも対応できる 身軽さのようなものも持ち合わせて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花期に惑う

4月3日 手賀沼周辺     ジュウニヒトエ シュンランの今年の個体数を調べようとして林に入る。 調べることは出来たが、花は既に終わらんとしていて、撮りたいと思える 被写体は見つからなかった。 林を出るとジュウニヒトエが咲き始めていた。 今日の予定になかったジュウニヒトエの個体数調査を始めることになった。 驚きは更に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more